電話でのお問い合わせ:0120-120-400

住宅購入とお金の本

特集24消費税増税延期!どうなる?住宅購入市場

特集24 消費税増税延期!どうなる?住宅購入市場

先般、消費税率の10%へのアップが2017年4月へと先送りになりました。その結果、横浜市、川崎市、東京武蔵野・多摩の各エリアの住宅購入市場はどのように動いたのでしょうか。住宅購入市場からのリポートです。

■消費税率5%から8%への上昇前・上昇後の動きを振り返る

昨年4月に消費税率が5%から8%へ上昇したことはご承知の通りですが、その概ね1年前から発生したいわゆる”駆け込み需要”により、その間価格は上昇傾向を示しました。(事例1参照)

特集24 消費税増税延期!どうなる?住宅購入市場

その後、4月に消費税率が8%へ上昇した後、昨年春から秋へかけては、”反動減”の影響により住宅購入市場は商品のダブつきを生じ、価格下落へと転じていったのです。(事例2参照)

特集24 消費税増税延期!どうなる?住宅購入市場

■消費税率10%の先送り決定後は?

「そろそろマイホームを・・・」と、住宅購入をお考えの方々は、少なからず2015年10月に10%へアップするのか、それともしないのか気になっていらっしゃったのでは?
昨秋以降の最新の情報については、FP住宅相談ネットワーク代表・黒須秀司氏に見解を伺ってみました。
「私は、消費税率が10%に上がるかどうか決まっていない状況下では、一言で申し上げると模様眺めの状態が続いていたと考えています。2015年10月に消費税率が10%になるのであれば住宅探しのスピードを加速しよう、もし、先送りであれば先送りが決まってから動き出そう・・・、このようなお考えの方が多かったのでしょう。私共グループのホームページのご利用件数や、不動産検索の大手ポータルサイトのご利用者数を見ても、消費税率先送りの発表前と後とでは状況が一変していることが見て取れます。現在は、消費税率8%上昇前の駆け込み需要や上昇後の反動減、それ以降の模様眺めと言ったイレギュラーな動きが終息し、通常の市場に戻った状況にあるということです。」

■今年の住宅購入の市場動向は?

「通常の年の市場であるということは、1~5月のゴールデンウィークまでがお住まい探しの繁忙期という事になります。また、パワービルダーと呼ばれる上場企業の建売業者は、3月末の決算に向けて、この1~2月に在庫物件の大幅な値下げを行ってきます。この時期の住宅見学は積極的に行った方が良いですね。正に1年の内で最大級のお買い得物件が市場に現れる可能性のある時期なのですから。消費税率10%への改定は、2017年4月ということですが、マイホーム取得はそれまでに決着しておいた方が得策でしょう。一見すると上昇まで約2年少々の時間的猶予があるように思えます。しかし、税率改定の概ね1年位前から再び駆け込み需要が発生し、それに伴い住宅価格が上昇すると想定するならば、本当にお買い得な物件を手にすることができる猶予はおよそ1年少々という期間になる訳です。半年、或いは1年というタームで住宅探しをお考えであれば、今から探し始めるとちょうど良いということになります。また、現在市場にある売り物件は、昨年の4月以降の反動減のタイミングで発売された商品がまだまだ市場に残っているので、こういったお買い得な物件を上手に見つけ出されると、とても良いお買い物になるでしょう。但し、そのような物件は、春が近づくにつれどんどんと市場から消えていきます。この意味では、早目の動き出しが有利と言えるかもしれません。」

特集24 消費税増税延期!どうなる?住宅購入市場

FP住宅相談ネットワーク各社では、販売中の物件の価格変動をお知らせするサービスも行っております。お気軽にお問い合わせください。

Switch to our desktop site