住宅ローンの相談ならFP住宅相談ネットワーク

住宅ローンをファイナンシャルプランナーに相談するならFP住宅相談ネットワーク

電話でのお問い合わせはこちら 0120-120-400 (営業時間 9:00~22:00)

住宅購入に関するよくある質問

Q5:すぐに準備出来る金額が100万円しかありません。既に家を買っている友人からは手付金は物件価格の10%ぐらいが必要だと言われた事があるのですが、あきらめるしかないのでしょうか?ちなみに物件の価格は3980万円です。

A.あきらめる必要はありません!ご友人の方は手付金の上限額をお支払いされたようです。

どうやらご友人のかたは手付金の上限額をお支払されたようですが、常にその金額である必要はございません。

まず契約の際お手付金は物件の状態によって上限の金額がかわりますので、簡単に表にまとめてみますね。

未完成物件の場合 完成物件の場合
手付金は物件価格の5%あるいは1000万円以下 手付金は物件価格の10%あるいは1000万円以下

ご質問いただいた物件が完成しているのでしたら398万円を準備しないといけないようですね。未完成なら、199万円となります。
上記の金額ですと手付金としては高額で、すぐにご準備出来ない方もいらっしゃいます。
概ね100万円であれば手付金の金額としては十分ですので、今回のケースですと交渉の余地有りです。
また契約時には契約書に添付する印紙代も必要となります。印紙も購入する物件価格によってかわります。こちらも表にしておきます。

※平成23年3月31日まで
売買契約金額 印紙代
1万円未満 非課税
10万円以下 200円
50万円以下 400円
100万円以下 1000円
500万円以下 2000円
1000万円以下 10000円
5000万円以下 15000円
1億円以下 45000円
※平成23年4月1日から
売買契約金額 印紙代
1万円未満 非課税
10万円以下 200円
50万円以下 400円
100万円以下 1000円
500万円以下 2000円
1000万円以下 10000円
5000万円以下 20000円
1億円以下 60000円

Switch to our mobile site