住宅ローンの相談ならFP住宅相談ネットワーク

住宅ローンをファイナンシャルプランナーに相談するならFP住宅相談ネットワーク

電話でのお問い合わせはこちら 0120-120-400 (営業時間 9:00~22:00)

住宅購入に関するよくある質問

Q8:先日、友人が家を購入したので、新居祝いに行ってきました。その時、友人に「今は税金が戻ってくる制度もあるから家でも探してみれば?」と言われました。今は、どんな制度があって、どのくらいの税金が戻ってくるんですか?

A.「住宅ローン控除」という制度があり、10年間で最大500万円の税金が戻る減税制度です。

「住宅ローン控除」とは、返済期間10年以上のローンを利用して家屋を取得した場合、入居の年から10年間、年末ローン残高の1%が所得税と住民税の一部 から控除されるというものです。借入額・所得金額が大きいほど、戻ってくる税金も多くなる仕組みとなっていますが、最大500万円の控除が受けられるの は、2010年の入居までとなります。(下記「住宅ローン控除の概要」)

住宅ローン控除の概要
入居年 ローン残高の上限 控除期間 控除率 最高控除額
2010年 5,000万円 10年間 1%
(1.2%)
500万円
(600万円)
2011年 4,000万円
(5,000万円)
400万円
(500万円)
2012年 3,000万円
(4,000万円)
1% 300万円
(400万円)
2013年 2,000万円
(3,000万円)
200万円
(300万円)

来年度(2011年)以降の入居については控除枠が100万円づつ減少していく点に注意が必要です。
仮に今年入居できる物件をご購入頂く場合と、2014年以降にご購入頂く場合、最大500万円の税額控除差が発生する可能性がありますので、購入する年次に応じて購入物件の価格を見直す必要があります。
※控除を受けるにはその年の合計所得金額が3,000万円以下(給与所得の場合は総支給額3,336万円以下)などの要件があります。詳しくは税務署にてご確認ください。

Switch to our mobile site