住宅ローンの相談ならFP住宅相談ネットワーク

住宅ローンをファイナンシャルプランナーに相談するならFP住宅相談ネットワーク

電話でのお問い合わせはこちら 0120-120-400 (営業時間 9:00~22:00)

実録!マンガでわかる!
住宅購入お金の失敗例10

ケース2:気に入った物件をやっと発見!契約しようと思ったが、土日に手付金がおろせなかった

気に入った物件をやっと発見!契約しようと思ったが、土日に手付金がおろせなかった

【川崎市T様のケース】

T様は昨年ご結婚、今年の年末にお子様がお生まれになることをきっかけに、お住まい探しを始められました。
お探しのエリアは当初横浜エリアを検討されていましたが、奥様の実家が川崎市ということもあり、弊社へお越しいただきました。
最終的には約30件の物件をご覧になられて、川崎市内の奥様のご実家に近い物件をご購入いただきましたが、ご契約後、「実は横浜で検討しているとき、欲しい物件があったのですが、買い逃してしまったんです」という衝撃の告白を受けました。

実は、横浜で物件探しをされている際、「ここに住みたい」と思える物件があったそうです。その物件をご覧になられたのは週末の土曜日。翌日の日曜日、周辺環境や過去の災害調査、物件周辺の聞き込み等でも特に問題点はなく、

「この物件を購入したいので話を進めてください」

とおっしゃられたそうです。しかし、ご契約の段取りを調整している最中に売主から、

「ご契約に伴う手付金を100万円ご用意ください。手付金をご用意頂いた方から優先的にご契約をさせて頂きます」

との答えが。
当時、T様はすべての資金を1つの口座に預金をしていたため、ATMで出金できる一日の最高限度額は50万円に制限されていました。もちろん100万円をご用意頂くことができなかったので、当日(日曜日)ご契約をすることができません。そこで、まず日曜日中に50万円を出金し、翌日の月曜日に残りの50万円をご出金頂く段取りで月曜日の夜、お仕事帰りにご契約を行うという予定で、その日はご自宅にお帰りになられたそうです。
そして、月曜日、不動産会社に「100万円の準備ができました!」との一報を入れると、

「T様、大変申し訳ございません。先程売主様よりご連絡があったのですが、実は昨日の夜、別のお客様でご契約をされたそうです」

との返答が。
なんと、昨日(日曜日)の夜に購入希望の別のお客様が100万円の手付金を用意し、ご契約をされていたのでした。T様はもちろんガックリ。一旦、お住まい探しをおやめになる選択肢もあったそうですが、「せっかく探し始めたのだから引き続き頑張ろう!」という前向きなお気持ちで弊社にお越しいただき、今回の物件をご契約頂きました。
ご契約いただきました物件の手付金は前回と同じく100万円。但し、お金の出所は口座から50万円、ご自宅のタンスから50万円だったことは言うまでもありません。

【FPから一言】

お手付金の額については売主によって金額の違いがあるものの、「100万円~物件価格の5%」が一般的です。いつ、どのタイミングで運命の物件とめぐり合わせるか分からないので、万が一に備えて、複数の口座に分散して自己資金を管理されることをオススメします。

住宅の購入・売却などお金の問題をプロがサポート|ファイナンシャルプランナー個別相談予約

Switch to our mobile site