住宅ローンの相談ならFP住宅相談ネットワーク

住宅ローンをファイナンシャルプランナーに相談するならFP住宅相談ネットワーク

電話でのお問い合わせはこちら 0120-120-400 (営業時間 9:00~22:00)

実録!マンガでわかる!
住宅購入お金の失敗例10

ケース3:購入した中古戸建が1年で雨漏り。補修費用は自己負担!

購入した中古住宅が1年で雨漏り。 修理費は自己負担な件

【世田谷区S様のケース】

S様が現在のご自宅をご購入されたのは、ちょうど2年前。10年ほど横浜市でお住まいになられていましたが、ご結婚・ご出産を機にお住まい探しを始められたそうです。S様の勤務地が都内ということと、奥様のご実家が世田谷区内ということもあり、世田谷区で探されていて、10件程ご見学をされた際に現在のお住まいを見つけられたそうです。

奥様の親御様からの資金援助があったものの、やはり世田谷区は物件価格が非常に高く、当初は新築でお探しになられていたのですが、ご希望に合う土地・建物面積の物件がなかったため、ご購入された物件は築28年の中古住宅。築年数こそ古いものの、ちょっとしたお庭も確保できていて、周辺の物件と比べると比較的土地の広い物件でした。やはり、決め手は「家庭菜園ができる小さなお庭が付いていること」だったそうです。

しかし去年、自宅2階の居室天井から雨漏りしているのを発見。取引を仲介した不動産会社に連絡をすると、「基本的に中古住宅は保証はありません(瑕疵担保免責)ので、お客様の責任で補修していただく必要があります」と言われたそうです。その後、自分でリフォーム会社を探し、天井の点検・補修を行い事なきを得ましたが、いつまたメンテナンス費用が掛かるかということのご不安もあり、新築へのお住み替えも視野に弊社へご相談にいらっしゃいました。

現在の新築住宅は基本構造部分や雨水の浸入を防止する部分について10年間の保証が法律により定められています。しかし、中古住宅では売主が宅建業者であれば2年、個人の方が売主の場合は免責(基本的には保証なし)~3ヶ月の保証期間、というのが一般的です。
S様がご購入されていた物件は売主が個人の方の物件で、かつ築後28年という古さも手伝って瑕疵担保免責となっていました。

【ご相談を受けたFPの対応とFPから一言】

S様に弊社でご提案をさせて頂きましたのは、

1)現在の住宅を売却し新築住宅にお買替えをされた場合のライフプラン
2)お買替えをせずにメンテナンスを中心に、将来お建替えを視野に入れたライフプラン
の2案。
新築住宅にお住み替えの場合、いくらまでの物件でお探しするのか、現在のお住まいはいくらで売却できるのか、また、現在の住宅に引き続きお住まいになる場合、メンテナンス費用はどのように積み立てるのか、建て替えの時期はいつで、いくらかかるのか、その時のそれぞれのプランについてお子様の教育資金はどうなっているのか、などかなり踏み込んだ内容でご提案させていただきました。

結局、お庭のない3階建てになってしまいましたが、同じ世田谷区内の新築物件に無事お住み替えすることができ、現在は快適な生活を送っていただいています。また、お住み替え後、半年に1度は資金計画の見直し、ライフプランの作成をお手伝いさせて頂いております。

中古住宅を購入する場合、築年数によりメンテナンス費用や建て替え費用も考慮に入れる必要があります。保証の有無や期間、ご購入時のご年齢やご収入によりそれぞれ異なるプランとなりますので、ご購入前にライフプラン等で今後の収支バランスを確認することをオススメします。

住宅の購入・売却などお金の問題をプロがサポート|ファイナンシャルプランナー個別相談予約

Switch to our mobile site