住宅ローンの相談ならFP住宅相談ネットワーク

住宅ローンをファイナンシャルプランナーに相談するならFP住宅相談ネットワーク

電話でのお問い合わせはこちら 0120-120-400 (営業時間 9:00~22:00)

住宅購入の前に

「戸建」か「マンション」か、「新築」か「中古」かはこう選べ

マンションはどんな人に向いている?

ここでは「マンション」がどのような人に向いているのかを検証してみます。

立地における「利便性」ならマンションが優位

「マンション」が「一戸建て」に対して最も優位な点、それは立地における「利便性」でしょう。

例えば「駅まで5分以内立地」であるとか「ショッピングセンター一体型住居」の様に利便性が極めて高いエリアにおいては個人が土地を求めてそこに自分専用の建物を建築するとなるとコストがかかり過ぎて現実的ではありません。そこで土地を皆で購入してその場所に共同で生活するというスタイルになる訳です。

昨今、急増する「共働き世帯」においては「片働き世帯」に比べ、通勤時間の短縮やお買い物施設の充実に対するニーズが高いため、今後もマンションへの需要は高まることになるでしょう。
また、立地の利便性だけではなく、鍵一つでのセキュリティーや、ゴミの棄て易さ、ジムやスパ、ゲストルーム等の共同施設、など内部的な利便性も極めて充実しています。

一戸建てでは難しい共用施設の充実と断熱性の高さゆえ光熱費が比較的安いところが魅力!

さらに一戸建てと違いマンションはその構造上、居住部分が一層建てであることと、ベランダ側以外の外壁が外気に直接触れているわけではないので結果的に断熱性に非常に優れていると言えます。
冷暖房の効率が良く、光熱費も一戸建てよりは比較的安価に収まるという部分もメリットとしてあげられる部分です。

利便性。快適性ではマンションが優位

以上の様に「利便性」という側面から見ていくと完全に「マンション」が優位です。
「マンション」がどのような人に向いているのかということについては「立地の利便性を重視し、今の生活を快適に過ごすことに価値を感じる方」に向いているということが言えるのではないでしょうか。

東日本大震災以降は、さらに対策が図られた物件が市場に

最後に余談ではありますが、東日本大震災以降、マンションの災害に対する脆弱性を心配される声を多数お聞きしますが、直近での販売物件は免震構造になっていたり、エレベーター用の非常電源を確保したりと、飛躍的な安全対策の向上が図られています。今後はこのような問題は急速に改善されていくことと思われます。

【結論】

通勤アクセスやショッピングの利便性を最重要視するならマンションがおすすめです。

[関連リンク]

はじめの一歩セミナー

Switch to our mobile site