住宅ローンの相談ならFP住宅相談ネットワーク

住宅ローンをファイナンシャルプランナーに相談するならFP住宅相談ネットワーク

電話でのお問い合わせはこちら 0120-120-400 (営業時間 9:00~22:00)

住宅購入の前に

「戸建」か「マンション」か、「新築」か「中古」かはこう選べ

「マイホームを買いたい!」

「戸建」か「マンション」か、「新築」か「中古」かはこう選べ

そう思ったあなたは、まず何を考えるでしょう。

「一軒家なんて無理だよな」
「建売ならなんとかなるかな」
「駅から近いマンションは高いよな」
などなど、あれこれ考えて、いろんなことを勝手に諦めていませんか?

実際は、生涯で支払う金額などを検討していくと一概に「マンション」より「一戸建て」は高いとか「中古住宅」は「新築」より安いなどとは言い切れないのです。

それぞれ個人のライフスタイルや年齢、価値観によって最適な住宅カテゴリーは変わってくるのです。

ここでは、それぞれのメリットとデメリットを紹介し、FPの立場からご提案するあなたに適した物件の選び方についてお話します。

住まいのカテゴリーチェックチャート

質問に答えてあなたに最適な住まいのカテゴリーを知ろう!

詳しくはこちら

一戸建てはどんな人に向いているか

まず「一戸建て」と「マンション」を選択する際の最大のポイントは、住宅という不動産に対して「資産価値」を求めるならば答えは「一戸建て」になるということです。

詳しくはこちら

マンションはどんな人に向いているか

「マンション」が「一戸建て」に対して最も優位な点、それは立地における「利便性」でしょう。

詳しくはこちら

新築はどんな人に向いているか

一戸建て、マンション双方に共通して言えることは、新築は建物の耐震性や断熱性、遮音性、耐火性、省エネ性能が優れていることが挙げられます。

詳しくはこちら

中古はどんな人に向いているか

まず、中古住宅の一番のメリットは購入価格が安価であるということです。

詳しくはこちら

Switch to our mobile site