住宅ローンの相談ならFP住宅相談ネットワーク

住宅ローンをファイナンシャルプランナーに相談するならFP住宅相談ネットワーク

電話でのお問い合わせはこちら 0120-120-400 (営業時間 9:00~22:00)

実録!マンガでわかる!
住宅購入お金の失敗例10

ケース5:高台にある新築戸建てを購入したのにうっかり火災保険の水災補償をつけてしまい保険料が割高に

高台にある新築戸建てを購入したのにうっかり火災保険の水災補償をつけてしまい保険料が割高に

【横浜市K様のケース】

2か月前にインターネットから物件のお問い合わせを頂き、弊社へお越し頂いたK様。ご結婚をされたのを機にお住まい探しを始められました。当時のお住まいは埼玉県の賃貸住宅でしたが、勤務地が横浜市ということもあり、通勤時間の短縮を図るべく横浜市内への転居をご希望されていました。

元々、学生時代に横浜市内で下宿を経験していたので、横浜市は「坂が多い」ことをご存じだったこともあり、

「坂はあまり気にしないので、眺望のよい立地を希望します」

とのリクエストを頂いていました。

約1ヶ月の間、毎週のように物件をご覧いただき、K様のご希望通りの物件が見つかり、無事にご契約を頂きました。建物は完成していましたので、1ヶ月後位でお引渡しとなる予定の中、早速お引渡しに向けた準備を行いました。その中で、火災保険については、
「親の知り合いのツテで入りますのでこちらで対応します」
とのご返答を頂きました。「なるべく安く済ませたい」というK様のご希望もありましたので、
「弊社提携の火災保険は団体割引が適用できるので、同じ補償内容でもお安い金額をご提案できると思います」
とお伝えすると、「まあ、お付き合いもあるので・・」ということで、ご本人でご用意頂くこととなりました。念のためお見積りだけは用意し、引き渡しの当日を迎えました。

すでに親御様のお知り合いでご加入されていたのですが、その時に、「御社の火災保険の金額っていくらだったんですか?」とのご質問を受けたので、お見積りを提示したところ、「え、なんでこんなに安いんですか??」とK様。

【ご相談を受けたFPの対応とFPから一言】

団体割引があるので、そもそも安いということを除いても約10万円程の差があったので、K様がご加入頂いた商品の内容を拝見させて頂きました。すると、K様がご加入頂いた火災保険には「水災補償」が付保されており、その金額がかなりの差を生んでいることが判明。しかし、K様のお住まいは高台であり、崖地が隣接しているわけでもないので、水災とは無縁の立地といえます。幸いにして5年間の加入をされたということなので、切り換えの際には、是非変更させて下さい、とのお言葉を頂戴いたしました。

火災保険については、ご購入いただいた物件の立地や構造により、内容・保険料がかなり変わります。可能であれば、複数の火災保険の見積もりを取り、必要な保証は手厚く、不必要な補償は取り外し、それぞれの物件に合った保険にご加入頂くことが重要です。

住宅の購入・売却などお金の問題をプロがサポート|ファイナンシャルプランナー個別相談予約

Switch to our mobile site