住宅ローンの相談ならFP住宅相談ネットワーク

住宅ローンをファイナンシャルプランナーに相談するならFP住宅相談ネットワーク

電話でのお問い合わせはこちら 0120-120-400 (営業時間 9:00~22:00)

住宅購入の前に

「戸建」か「マンション」か、「新築」か「中古」かはこう選べ

一戸建てはどんな人に向いているの?

一戸建てとマンション、新築と中古、一体どれを選択するべきなのか?お住まい探しを始める段階で誰もが通る永遠のテーマではないでしょうか。

ここでは「一戸建て住宅」がどのような人に向いているのかを検証してみます。

「資産価値」を求めるなら一戸建て

まず「一戸建て」と「マンション」を選択する際の最大のポイントは、住宅という不動産に対して「資産価値」を求めるならば答えは「一戸建て」になるということです。

資産価値とは将来この不動産を売ったり、貸したりする場合に、どれだけの経済効果が得られるかということです。

例えば、「実家に同居することになったので賃貸に出したい」とか「老人ホームに入るための資金が必要になったので売却したい」とか「子供に相続させてあげたい」などのシーンで活躍するのはマンションではなく一戸建てなのです。

理由としては購入金額の大半が建物代となるマンションは年数が経過すればするほど価値が減価償却されますが、一戸建ては建物価値がゼロになったとしても過半を占める土地の価値は永遠に残るからです。具体的に言えば土地2500万円、建物1500万円の一戸建ては50年後でも土地代2500万円の価値は残っているということです。

(「管理費」+「修繕積立金」)×住む年数=?

また、資産価値を考える時、毎月のランニングコストについても当然、考慮に入れなければなりません。

マンション住まいに必須の管理費、駐車場代、修繕積立金です。
一戸建ての場合は駐車スペースが通常敷地内に有り、お掃除やゴミ置き場当番などは自身で行うことになるので、このような費用はかかりません。一方マンションにはこれらの支払いが必ず義務化されます。

首都圏におけるこれらのオーソドックスな金額として駐車場代に12000円、管理費に9000円、修繕積立金に15000円がかかるとした場合には毎月のローン月額に36000円が上乗せされることになるのです。

30歳で購入したマンションに50年間住むとすると36000円×50年でなんと総額2160万円を物件購入代金以外に支払うことになるのです。

修繕費は一戸建てにもかかるわけですが、これだけの金額差であれば家一軒建て替えてもおつりが来る程の金額ですし、そもそもマンションの修繕積立金は専有部分(ご自身のお部屋)についてのものではなく、共用部分(皆で使うところ)にかかるものですから専有部分についての修繕費は別に用意しなければならないのです。

また、ほとんどのマンションにおいて新築当初に設定された修繕積立金では不足が生じ、その後に大幅な増額がされていることも十分に注意すべきです。マンションによっては当初の5倍に膨れ上がっているところもある程です。

[関連リンク]

はじめの一歩セミナー

Switch to our mobile site