住宅ローンの相談ならFP住宅相談ネットワーク

住宅ローンをファイナンシャルプランナーに相談するならFP住宅相談ネットワーク

電話でのお問い合わせはこちら 0120-120-400 (営業時間 9:00~22:00)

住宅購入の前に

資金計画

特に注意すべき5つのケース

資金計画を立てる場合に、特に配慮が必要なケースがあります。
それは、「ご夫婦共働きの場合」「子どもを私立の学校に入れたい場合」「中高年になって住宅を購入した場合」「子どもの人数が多い場合」「二世帯住宅を希望する場合」の5つです。
ここでは、それぞれの場合について詳しくご説明しましょう。

ご夫婦共働きの場合

お子様が生まれても奥様が働き続けられれば、奥様の収入を見込んでの返済計画も「アリ」です。

詳しくはこちら

子どもを私立の学校に入れたい場合

小学校から私立に入るのと高校から私立に入るのでは差が出ます

詳しくはこちら

中高年になって住宅を購入した場合

年齢の差が返済期間の差となって現れます

詳しくはこちら

子どもの人数が多い場合

教育費を見込んだ安全な資金計画が必要です

詳しくはこちら

二世帯住宅をご希望の場合

通常の一戸建てとは異なるメリット・デメリットがあります。

詳しくはこちら

Switch to our mobile site