住宅ローンの相談ならFP住宅相談ネットワーク

住宅ローンをファイナンシャルプランナーに相談するならFP住宅相談ネットワーク

電話でのお問い合わせはこちら 0120-120-400 (営業時間 9:00~22:00)

実録!マンガでわかる!
住宅購入お金の失敗例10

ケース9:プロパンガスと都市ガスでこんなに差がつくなんて知らなかった

プロパンガスと都市ガスでこんなに差がつくなんて知らなかった

【横浜市I様のケース】

請求がきてみてビックリ!

I様が新居を購入したのは去年の春。
お住まいになられていたのはもともと都内の1LDKでしたが、ご結婚後、お子様の誕生をきっかけに手狭な住まいから、のびのび子育てのできる環境への転居をお考えになられていました。
エリアについてはご主人様と奥様の実家である横浜市への転居を当初から考えていました。
都内住まいの時は都市ガスが引かれている賃貸マンションで、夏はエアコン、冬はすぐに温まるということでガスファンヒーターを使用。
その時のガス料金は気にするような金額ではなかったので、特に意識せず使用していたそうです。そして去年、念願のマイホーム手に入れたI様は賃貸のときと同じように、夏はエアコン・冬はガスファンヒーターを使用していました。
賃貸の時より広くなったので、多少エアコンの電気代が高いこともあまり気にしなかったのですが、去年の冬にガスファンヒーターを使った月の料金請求を見てビックリ!なんと、賃貸の時の倍以上の請求額になっていたのです。

「プロパンガスってこんなに高いの!?」

そう、思いながらも寒さには勝てず引き続きガスファンヒーターを使うと、やはり翌月も高額請求が・・・

【ご相談を受けたFPの対応とFPから一言】

なんとかして、ガス代を抑える方法がないかということで、弊社にご相談を頂きました。
I様には、現在のガス料金から利用頻度まで細かくご意見を頂戴し、下記のご提案を検証させて頂きました。

①都市ガスに切り替える
②プロパンガス会社を変える
③オール電化に切り替える 

①は調査の結果、そもそも家の前面道路にガス管が配管されていないので、却下。配管されていたとしても前面道路から宅地内に引き込みをするのに多額の費用がかかってしまいます。②については、様々なプロパンガス会社に問い合わせをしてみるも、料金自体はあまり変わらず、業者を変えるメリットがないので却下。結局、③のガスコンロからIHへの変更工事、エコキュートの設置によるオール電化住宅へのリフォーム工事を行って頂きました。多少費用がかかったものの、現在は、夜間電力を利用しながらランニングコストを下げて日々の生活を送っています。

ガスについては、それぞれの物件で確認することが必要です。
「都市ガス限定」でお探しされると、そもそも選べる物件が少なくなり、選択肢を狭めてしまう可能性がありますので、利用頻度等を考慮して物件をお探しください。

住宅の購入・売却などお金の問題をプロがサポート|ファイナンシャルプランナー個別相談予約

Switch to our mobile site